医療法人威伸会かわしま眼科クリニック
HOME診療科目医師の紹介診療時間・アクセスお問い合わせ
涙が止まらない方へ


コレクトアイ/取扱いコンタクトレンズ・・・詳細はここをクリック


 涙が止まらない方へ


  涙道疾患について
涙道図 いつも涙が出てお困りの方、目から膿が出てお困りの方、当院へご相談ください。


涙道とは涙を眼から鼻へと流す排出路です。この排出路が詰まってしまうことで、このような症状がございます。

●眼から涙があふれ出す。
●排出路から涙が流れないことにより、排出路の中で細菌が繁殖し膿が出てきます。
●場合によっては、赤く腫れたり、痛みが出る場合もございます。


お薬では治りませんので、排出路の詰まりを開放し、涙が流れるようにしなければなりません。


  一般的な涙道疾患の治療
金属製の細い棒のような器具を涙点から送入し、盲目的に排出路の詰まっているところを開放します。

●排出路の様々なところを金属棒で突くため大変な痛みがあります。
●本当に開放されたかどうかを直接見て確認することができません。

場合によっては、鼻の骨を削り、小さい穴を開けて鼻の中の粘膜と涙嚢をつなぎ、新しい排出路を作る手術をする必要がありました。
涙道図
 
  涙道内視鏡による治療
涙道内視鏡とは金属製の細い棒の先端がカメラになっています。当院での治療は以下のようなものです。

●これまで不可能であった排出路のナカをモニターで見ることができるようになりました。
●カメラで排出路のナカの様子を確認しながら進めていくので、一般的な涙道の治療と比べても痛みは少なくなりました。
●詰まっているところがどのようになっているのか確認することができます。
●無事開放されたかを確認することができるようになりました。

開放された排出路が再び閉じないように、シリコン製の細いチューブを排出路に挿入します。涙道内視鏡を使うことにより、確実にチューブを挿入することができるようになりました。このチューブは約2ヶ月間入れた状態にし、症状の改善を確認したうえで最終的にチューブを抜きます。

当院では涙道内視鏡を使った治療を行なっております。涙道内視鏡による治療は日帰りで入院の必要がございません。患者様の身体の負担が少なく、確実な治療を行なうことができるよう設備の充実を図っております。


  涙道内視鏡システム
涙道内視鏡